簡易査定から実査定までに期間をあけすぎて失敗

Posted on

バイク買取では、電話やインターネットによる簡易査定よりも実査定の方が査定額が下がるというのはよくある話。

というのも、簡易査定では伝えたバイク情報で考えられる最大の価格を提示されるのに対し、実査定では実物を見て「売れるかどうか」を基準に厳しくチェックされた上でつけられた価格なのですから当然です。

このことをまずはしっかり理解しておきましょう。

でも、できれば簡易査定額と実査定額の差は小さくしたいもの。

そんなときに注意したいのが、「簡易査定から実査定までの間をあけない」ということなんです。

簡易査定額を聞くと、バイクのメンテナンス次第で実査定ではもっと値が上がるのでは?と思いこみ、実査定までの期間をけっこう取る人が多くいます。

でもこれは失敗の元。

バイクは時間が経てば経つほど値が下がると思っておいてください。

もし実査定に来たときに、事前に口頭や文面で伝えきれていなかった欠陥を発見された場合、どうなるでしょうか?

実はそれは「欠陥の隠ぺい」もしくは「簡易査定から実査定までに新たにできた欠陥」と判断されてしまい、かなりマイナス評価をつけられてしまうのです。

実際に、実査定までの期間をあけたことで大幅に売却額を下げられた人はけっこういます。

もちろん、実査定までの期間を短くしても実査定時に新たな欠陥が見つかれば意味はありませんが、できるだけあらぬ疑惑を持たれないためにも、実査定までは長く取らないようにしましょう。

バイク買取はスピードが大切です。