個人売買をして失敗

Posted on

バイクを売る方法はバイク買取業者を利用するほか、「個人売買」という方法もあります。

知人に直接売ったり、オークションを利用する方法ですね。

自分の希望価格をつけることができ、バイク買取業者に対する手数料等払わなくて良いということから、「高くバイクを売ることができる」と人気のようです。

しかし、実際には個人売買をして大失敗をしている人はたくさんいます。

多いのが、「売却後にキズがあったからと値引き依頼をされること」、「価格に対してバイクの状態が悪すぎると支払拒否をされること」です。

バイク買取店では査定のプロが細かい基準を設けて車体をチェックし価格を付けますが、個人売買での価格設定はあくまで売り手の主観によるもの。

売り手は、どうしても高値で売りたいというのがあるため、バイクの価値に見合わない価格をつけてしまうことがよくあるのです。

わからないでもないですが、これは絶対にトラブルの原因になります。

トラブルが起こってもすべて自己責任となるのが個人売買です。

また、個人売買は実入りが多いように見えて少ないことも。

高く売ることができたとしても、バイクの輸送や手続きなどすべて自分でしなければならず、それにはもちろん費用がかかってきます。

ネットオークションを利用するなら、手数料もかかります。

個人売買に慣れているのであれば大丈夫ですが、安易に個人売買をするのはおススメできません。

バイク買取店であれば、面倒な手続きも一切やってくれます。

もちろん、買い手とのトラブルになることもありません。

優良なバイク買取店を見つけるのはなかなか難しいですが、今回の失敗例を参考に上手にバイク買取を利用してみてください。

参考サイト⇒[バイク] All About|バイク選びの最新情報をお届け